野草、発酵、自然のちから講座(発酵舎mamma/滋賀県高島市)

高島市のイベントレポ

2019年5月25日(土)、高島市安曇川町にある発酵舎mammaで、発酵料理家たやまさこさんによる講座に参加して参りました。

講座のテーマは「野草、発酵、自然のちから」。

講師には発酵を元に色々な形で楽しく暮らしに取り入れられるよう、商品開発や講座など各地で尽力されている神原明子氏。

 


以前、このお二人による「よもぎ三昧」というディープ講座も涙を飲んで見送っていた2017年の夏の日から約二年。

この日は瞬く間にやってきました。

ウェルカムドリンクにたやさん特製野草ジュース。

 

養命酒の風味に似ていて大好きなお味。

 

実は今、こんなに進んでいる健康にまつわるサイエンス事情から、
古より伝わるものの隠された根拠を紐解いて、
先人の知恵を見直す必要があることも説いてくださったのがとても心に残ります。

置いてきてしまった先人の知恵の素晴らしさを掘り返し新たな息吹を。疲れ切った現代人に必要なものとは。

 

 

そして、ここに「在る」ということの意味と感謝。


身体がしみじみ喜ぶたやさんの美味しい発酵ごはんを食べて、その場のご縁を愉しみ合える人たちとたくさん笑って感じ入る愉快な一日。

 

たやさんのへしこは絶品。


ワークショップも素晴らしく
クリスタル入りの月桃蒸留水に、自分で摘み取った野草の力をもらってパワーアップさせたり、

あなたを呼んでいる野草はどれ?さぁ出会いに行こう

 

自分に必要なものは、自分が知っている

 

皆さんの集めた野草を巻いたボトルが並ぶ。



講座中に、じゃぁ私も摘んでくる~と出かけて

 

摘むのと巻き付けるまで、ものの5分でしょうか。さらりとご自分のボトルを作っておられました

 

摘んだ野草や草花のエネルギーを月桃蒸留水に転写。

 

お写真のボトルはたやさん作。大人の女性らしさにあどけなさを添えて絶妙なバランス。さすが、横からだけでなくて上から見ても美しい

 

カラダに塗って良し、食べて良しのパーフェクトオイルの作り方では
よもぎ、ミント、フェンネル、アカモジグサ、人参の葉などを神原さんが摘んでくださったものを食用油に浸して抽出する方法をレクチャーして頂きました。

 

神原先生の準備したボトル




 

適温、タイミング教えて頂きます



濾しとります

 

美しいグリーンのオイル。


 ヨモギをはじめとする野草とお神酒、美味しい酒粕やたやさん特製の甘酒などがいい塩梅入ったパックづくり。ここではやはり、たやさんの手が加わるとパックなのに美味しいスイーツになる。

 

やっぱりパックまで美味しくなっちゃう

 

パックの完成。良い色です

 

お顔、かかと、保湿したいところに

 

よもぎも乗せてパック。この後ラッツ&スターが流れることになる。

 

パックはアレルノンのヨーグルトにトッピングして美味しくいただきました。

 

持ち帰ったパックを塗っているところを夫に見られ悲鳴を上げられ、息子にはあずき妖怪呼ばわりされましたが、愉快な一日の余韻のため、気にしません。ほんのり温かみを感じ艶々になりました。

そしてデトックスしているのか、その日は早く床に就いた割には翌日も眠くなったり、体調の変化を受け止めたり。



自然に身を置いて、食べること、愉しむこと、命を活かすこと。

命のバトンとともに繋げ継いでいきたい知恵は、昔から、そこにある。


主催者:発酵料理家たやまさこさん HP

講師:

シャンティロータス (株)mikahi ミカヒ 

代表取締役社長 神原明子さんHP

 

 

 

コメント